オンデマンド冊子印刷・台本印刷通販【三交社online】 | オンデマンド冊子印刷・台本印刷通販【三交社online】

ドラマなどの台本を作る際のチェック事項

> コラム > ドラマなどの台本を作る際のチェック事項

ドラマなどの台本を作る際のチェック事項

これから台本を作りたいと考えている方のために


ドラマなどを制作するにあたっては、台本を作る方法にも気を配る必要があります。台本は、現場の人たちで作成することもできます。こちらの方法であれば経費を節約することができますが、スピードやクオリティーを求めるのであれば、専門の業者に製作を依頼すると良いでしょう。
台本を作る際、脚本家の理想が高かったりイメージが湧かなかったりすると、なかなか筆が進まない可能性もあります。また、いったんは出来上がったものの、後から読み直してみた時に気になる部分が見つかって、書き直すといったこともあるかもしれません。そういった問題を解決するためには、製本作業を専門業者に依頼するのも選択肢の一つです。専門業者は、その道のエキスパートとしてノウハウや人員、設備を活かして、スピーディーな作業を行ってくれます。業者によっては、所定の日時までに申し込み手続きを完了すると、翌営業日に完成品を発送してくれるところもあります。また、自分たちで製本を行う必要がないので、空いた時間やエネルギーを有効活用することができます。
また、台本作りにあたって高い完成度を求める場合にも、専門の業者を利用するのがおすすめの方法です。最近では、パソコンやさまざまなソフトウエアなどを活用することで、素人でもある程度クオリティーの高い仕上がりを得られるようになりました。とは言うものの、専門業者が製作したものと比較すれば、やはり見劣りすることは否めません。もちろん、台本は使用できるだけで良いというのであれば問題ありませんが、本格的な仕上がり状態で出演者のモチベーションを高めたいと考える場合には、業者を利用するのがおすすめです。

専門の業者を利用することで得られるメリットについて


同じように台本を作るにしても、ドラマなどの制作現場にいる人たちで対応するのと比較して専門の業者に依頼する場合は、作業のスピードやクオリティーにおいて歴然な差があります。
例えば、本を綴じる際にも素人では多少ずれてしまうこともありますが、業者はぴったりと合わせて作業を行ってくれます。また、素人が作業するにあたっては、素材の選択肢も少なく限定される傾向にあります。例えば、紙仕様の台本は、リーズナブルなコストで作成することができますが、水に弱いなどの問題点もあります。具体的には、水などに濡れると記載した文字がにじんだり、紙面にたわみが生じたりするリスクがあります。特に、バスルームなど湿気の多い場所でセリフを覚える場合、それらのリスクが高くなるので注意する必要があります。
その一方で、専門の業者を利用すると、本格的な仕様の製品を仕上げて納入してくれます。台本の完成度が高ければ、出演者演者も気持ち良く練習することができるでしょう。また、業者であれば、必要に応じてさまざまな素材やパーツを使用した製本作業に対応しています。例えば、ビニール製の表紙を付けてもらえば、本を閉じた状態で多少の水ぬれなどがあっても、たわみなどの問題が発生するリスクは低くて済みます。また、サイドポケットの付属した商品は、自分が稽古の時に気づいたことをメモして入れたり、チケットやパンフレットなどを収納したりするのに便利です。このように、多機能で高機能な製本作業を期待する場合には、専門業者を利用するのがおすすめの方法と言えます。

業者に支払うこととなるコストに関する情報


専門の業者にドラマなどの台本の製作を依頼すると、スピーディーにクオリティーの高い製品を仕上げて納入してくれます。ただし、当然のことながら所定の料金を支払う必要があるので、負担することになる費用はあらかじめしっかりと確認しておきましょう。
台本の場合、記載内容や本のボリュームは一つひとつの作品によって異なります。また、仕上がり状態や製本方式などの要望も、それぞれに違いがあります。そのため、業者に製作を依頼する場合にはオーダーメイド方式で発注することとなるのが基本です。台本のオーダーメイドにかかる料金は、事前に見積もりを取ることで確認することが可能になります。見積もりは、一社だけではなく複数の業者から取ることによって、それぞれの業者が提示した条件を比較検討して、より良い条件の会社を選び出すことが可能になります。
具体的な料金は、モノクロかカラーかなどの条件によって違いが生じてきます。例えば、白黒のものよりもフルカラーのものの方が作業工程も多い分だけ、料金も高額になるのが一般的です。白黒以外の色を使用することで視認性やデザイン性が向上しますが、それらの条件にこだわりがない場合にはモノクロのものでも問題ないでしょう。また、ページ数や部数などによっても料金が変わるほか、短納期などの指定をすると追加料金がかかる場合もあるので、事前にトータルのコストをきちんと確認しておくことをおすすめします。その時々の条件によって、ベストなところを選択しましょう。

ページトップ