オンデマンド冊子印刷・台本印刷通販【三交社online】 | オンデマンド冊子印刷・台本印刷通販【三交社online】

フライヤーの印刷を依頼する際のチェック事項

> コラム > フライヤーの印刷を依頼する際のチェック事項

フライヤーの印刷を依頼する際のチェック事項

経営している店舗の集客活動を展開したいと考えるなら


ショップを経営するにあたって、販売促進やイベント告知などの活動を行なう際には、フライヤーやチラシなどの印刷物を活用することを検討すると良いでしょう。その中でもフライヤーは、チラシよりもサイズが小さめのアイテムです。そのため、受け取った人がバッグなどの中に入れて簡単に持ち運ぶことができ、受け取りを拒否される可能性が低いというアドバンテージがあります。
フライヤーはショップの受付に置かれているケースも数多く見受けられます。受付などに置いておくという方法は、来店した顧客が広告の内容を閲覧し、興味や関心が引かれたら手に取ることを想定した販促手法です。所定の場所に設置すると、スタッフにとっては必要に応じて補充や入れ替えを行なうことが必要となるものの、配布する作業を行なわなくて済むというメリットがあります。ただし、基本的に放置した状態となるので、顧客がフライヤーの存在に気付かず、もしくは内容に目を通そうとせず、スルーされてしまうリスクが高いという問題も抱えています。
このような問題を解決するためには、スタッフがフライヤーを配布するのも良い案です。この方法なら、顧客に対して積極的な働きかけをすることで、訴求効果の向上を期待することができます。例えばショップにて会計をする際、来店した全ての顧客に対して配布すると、確実に手渡すことができるようになります。この場合、スタッフは店内から移動をしなくて済みますが、配布するターゲットは来店した顧客に限定されてしまいます。そこで、来店客以外の人にも配布をしたい場合は、店外に出て配布作業を行なうという選択肢もあります。こちらは不特定多数の人がターゲットとなるため、新たな顧客層を獲得したい場合にもおすすめの販促手法となっています。

フライヤーによる販促活動を行なうにあたって


フライヤーの配布は、シンプルなスタイルの販促活動になりますが、だからこそ初心者でも気軽にチャレンジすることができるという利点があります。また、チラシよりもサイズが小さいために、印刷などにかかるコストが安上がりになるのもフライヤーの魅力と言えます。そのため、広告や宣伝に多額の資金を投下することのできない小規模なショップであっても、採り入れることが可能な販促方法となっています。
次に、フライヤーによる販促活動を行なうにあたっては、印刷を依頼する会社の選び方もチェックしておきたいポイントの一つです。以前は実店舗の印刷会社を選定するケースが主流でしたが、昨今ではインターネットを通じてサービスを提供している業者も数多く登場してきています。
先ほども述べたように、フライヤーによる販促活動は、未経験者でも容易に取り組むことが可能で、その活用シーンはバリエーションに富んでいます。ただし、同じようにフライヤーを製作し、配布するにしても、その販促効果は広告内容によって違いが生じてきます。したがって、高い集客効果を得たいと考えるのであれば、それだけ魅力的で、多くの人が興味や関心を持ってくれるような内容の広告にすることが大切な要素です。

印刷物の製作に際してのチェックポイントはこちら


これからフライヤーの印刷を依頼するにあたっては、広告内容のデザインにも気を配ることが大事になります。販促活動を目的とした印刷物である以上、当然のことながら掲載することが必要な情報は存在します。ただし、あれもこれもと欲張って、あまりにも多くの情報を盛り込み過ぎると、視認性が低く、要点の伝わりにくい広告となってしまうので、注意する必要があります。特にフライヤーの場合、先述したように広告面のスペースが小さめなので、掲載することのできる情報量も少なめになります。そのような事情を踏まえた上で、シンプルですっきりとしたデザインの広告にすることを心がけると良いでしょう。
また、ターゲットの興味や関心を引きつけるためには、クーポンや引換券などのプレゼントをつけるのもおすすめの方法です。こちらの方法を実践すると、通常よりもお得な利用をすることが可能になるため、受け取りを拒否される可能性が下がり、レスポンス率が向上することが期待されます。ただし、プレゼントを提供するためにもそれなりのコストがかかることは念頭においておく必要があります。投下した資金に見合うだけのレスポンスがあるという見通しが立たない段階でプレゼント戦略を実行すると、かえって赤字になってしまうリスクも生じてくるので、注意するようにしましょう。
そして、フライヤーの製作に際しては、印刷物のサイズにも気を配る必要があります。製作をする際に大き過ぎると使い勝手が悪く、スルーや受け取り拒否の可能性が高くなります。さらに、保管や設置に広いスペースが必要となったり、移動や配布作業にかかる負担が重くなったりするという問題もありますので注意が必要です。

ページトップ