オンデマンド冊子印刷・台本印刷通販【三交社online】 | オンデマンド冊子印刷・台本印刷通販【三交社online】

中綴じ印刷などのサービスを利用するにあたって

> コラム > 中綴じ印刷などのサービスを利用するにあたって

中綴じ印刷などのサービスを利用するにあたって

これから印刷物を手に入れたいと考えている方へ


最近は様々な印刷技術が登場してきており、一般の方でも業者に依頼をすれば簡単に高品質な冊子やパンフレットを製作することができるようになってきています。例えばオンデマンド印刷は、顧客からの要求があり次第印刷作業が行われる印刷方法で、版を製作する必要のないデジタル印刷機の登場によって実現した印刷方法です。
このオンデマンド印刷をベースにして、パンフレットや会社案内などページの少ない冊子を作る時には、中綴じ印刷という方法を活用するのがおすすめです。ほかにも進行表や台本など書き込みが多くなりがちな冊子を製作する時にも、中綴じ印刷を行うと可読性が向上します。
中綴じ印刷などの方法でパンフレットや会社案内、台本などを製作する場合、印刷会社に作業を依頼すると、その道のプロフェッショナルが高品質でスピーディーなサービスを提供してくれます。また、印刷会社は手書きの書類を入稿したり、表紙のデザインを複数のパターンの中から選択したりと、いろいろな要望に応じてくれるというメリットもあります。
何らかの有料オプションを付加する場合、当然のことながらそれなりの費用がかかりますが、それだけ製作物の活用シーンが広がることとなります。さらに、作成作業のために負担することとなる時間やエネルギーが少なくて済むのも、専門業者を利用する際のアドバンテージです。

中綴じ印刷の概要や特徴、利用する際のメリット、注意事項について


印刷会社を利用すれば、中綴じ印刷などの方法を活用してさまざまな種類の冊子を製作してもらうことができます。中綴じとは読んで字のごとく、中央部分を針金で止める冊子の製作方式です。こちらは無線綴じとは対照的にページ数の少ない冊子の製本にも適しています。
例えば、短期間だけ限定的に使用する企画書などの場合、中綴じで製本をするのがおすすめの方法です。中綴じ冊子は見開きがしやすく軽量な仕様のため、ビジネスパーソンが営業活動で持ち運んで商品の紹介や説明に使用するガイドブックや、会社のパンフレットにも適しています。そして、ページ数の少ない雑誌やフリーペーパーも中綴じ印刷による製本が適切です。中綴じは少ない情報量の冊子の製本にも対応することが可能であり、本をノドという根本の部分まで開くことができます。さらにレイアウトの自由度が高いなどのメリットがあります。製本方式としてはシンプルなものであるため、印刷にかかる費用は比較的リーズナブルに設定されていることがほとんどです。このように、中綴じによる製本にはたくさんのメリットが存在しています。
その一方で、中綴じで製本する場合には注意しなければならないこともあります。まず、中綴じをするためには製本仕様の特性上、作成するページ数を4の倍数にしなければなりません。ページ数の制限があるため、ページの構成方法にも気を配ることが必要となります。また、中綴じは紙を2つ折りにして重ねた状態で綴じる製本方式です。そのため、一定のページ数を超える冊子の製本には適していません。紙を重ねることによってページのずれが生じやすくなるため、ページ数の多い冊子や紙が厚い冊子の製本、インデックスなどのデザインをするのには不向きとなるので注意するようにしましょう。

中綴じ印刷に適している冊子の種類など


冊子の製本方式の中でも、中綴じ印刷はしっかりページが開くので、プレゼンテーション用の資料を作成するのにも適しています。その他にも、決算資料や会議資料、商品カタログ、会社案内などにも中綴じ印刷がよく採用されています。中綴じによる印刷物は大きなイメージを表現するのに適しているので、掲載したい内容に応じて利用を検討すると良いでしょう。
印刷会社の中には、高性能レーザープリンターを導入し、オフセット印刷に引けを取らない品質の中綴じ印刷を実現しているところもあります。また、オンデマンドの印刷サービスであれば、小ロットの中綴じ印刷にも対応してもらいやすいという利点があります。
これから冊子の製本をしようと考えている場合、それぞれの製本方式の特徴を理解した上で、希望条件に見合った製本方式を選択することが大切です。中綴じにも、冊子の種類による向き不向きがあります。中綴じにはページ数の制限があり、多数ページの冊子を製本するのには不向きなので、ページ構成やデザインに工夫を凝らすことが大切な要素となってきます。このような事柄について疑問や不安があり、自分で解決できそうにない場合は、専門の業者によるサポートを受けるのが良いでしょう。
中綴じ印刷に関する疑問や不安を解消するためには、印刷会社が運営しているホームページ上に質問をまとめているページが設けられていることもあるので、そこを開いて関連する情報を探してみるのも一つの方法です。質問事項のページで該当する内容が見つからない場合には、担当者に直接問い合わせや相談をするという方法もあります。

ページトップ