オンデマンド冊子印刷・台本印刷通販【三交社online】 | オンデマンド冊子印刷・台本印刷通販【三交社online】

創作意欲掻き立つ台本の表紙をチェック

> コラム > 創作意欲掻き立つ台本の表紙をチェック

創作意欲掻き立つ台本の表紙をチェック

台本の表紙にまつわるイメージ


台本の表紙というと、ただシンプルに題名と作家名が書かれたものをイメージしがちです。俳優さんなどが楽屋やプライベートで持ち歩く場面をテレビなどのメディアで見かけることも多く、一般人でも学生や演劇団員が持ち歩いている様子をたまに見かけることもあるでしょう。それを目の当たりにしたときに、よく言えばシンプルなデザイン、一方では味気ないデザインと、見かける人によって抱くイメージが変わります。そんな台本の表紙事情ですが、現在は確実な進歩を遂げてきています。
昨今のメディアサービスは多岐にわたり向上しています。1秒間隔でアップグレードされていくのが情報社会の日常です。台本の表紙に非常に関わりが深い印刷物をはじめ、オリジナルグッズなどを作る際に必要な情報サービス元や受託業者などが協力者としてあります。それぞれのサービス内容や技術が向上していて、口コミやSNSなどで評判が拡散されていくことがポピュラーです。そのおかげで、発注者の様々なニーズを踏まえた進化を遂げています。台本の表紙の場合も、他の印刷物と同じ扱いになっています。例えば鮮やかなカラーバリエーションや、見やすく読みやすい文字の形などが工夫されています。
昔の台本の表紙は白地、もしくは無地に近いデザインの背景に、明朝体もしくはゴシック体のフォントでデザインされていることが多くありました。質も紙自体の厚さがまばらだったり、隅の紙の角で切り傷を作ることもあったりとトラブルも見受けられました。しかし今では紙の質も向上しています。厚さはもちろん均等になっていますし、角を丸く切って指を切りにくいように工夫することもあり、まさにアップグレードした状態となっています。

台本の表紙だけでなく原稿やポスターのデザインも


日々アップグレードしている台本のデザイン事情ですが、今では台本の表紙だけではなく原稿やポスターなどにも展開しており、原稿やポスターなども台本と同じ扱いになります。入稿方法としては、Web入稿とメディア入稿の2種類が主流です。詳しく説明すると、オンライン上でデザインや文字のデータをアップロードすることをWeb入稿、一方記録媒体にデザインや文字のデータをメディアに入れて直接送ることがメディア入稿となっています。好みの方法を選べるので、初めて利用する場合でも簡単です。制作価格もそれほど高くなく、気軽に入稿することができます。大量に発注することで、割引サービスが適用される場合もありお得です。
一方で注意点もいくつかあります。まず入稿前にサービス利用の会員登録や決済方法、納品までの一連の流れをしっかり確認することです。サービス利用の会員登録に関しては、無料プランと有料プランがあります。有料の方が質や選べる表紙デザインのクオリティーが高い場合もありますが、無料でも遜色ないくらい利点がたくさん存在します。
また入稿する際にカラーモードを指定されることもあり、規格に収まるサイズのデータにしておくなど事前に準備をすることが必要です。そして出力するときに使う見本のデータも必要になります。出力見本を付け忘れた場合は刷り合わせができずに作業が中断してしまうので、出力見本だけを再び入稿することが求められます。それから納品までの間は注文番号を控えておくことも忘れてはいけないポイントになります。

台本の表紙のデザインに自信がないなら


中には表紙のデザインを自分で一からしてみたいけれど、センスがなくて自信がないという人もいます。そんなときにはいくつかのテンプレートから選ぶ方法もあります。テンプレートがあるとイメージがぐっとつかみやすくなります。さらに今では文書作成したものを台本や表紙の形式にカスタムしてくれるサービスや、面倒な罫線入れや誤字脱字のチェックまで行なってくれるサービスも提供されています。つまり必要なデータさえ準備しておけば入稿は簡単です。
一風変わったものを作りたい場合でもニーズは行き届いていて、規格はあるもののどんなデザインでも対応をしてもらうことが可能です。最近ではフルカラーに対応しているものや、体裁が特徴的なアートブック仕様のものもあります。フルカラーであればさらに見やすく読みやすくなりますし、アートブック仕様であれば頑丈です。後に贈り物にしてもぴったりです。
また卒業論文や会議資料などでよく用いられるくるみ製本をはじめ、プレゼン資料や商品カタログなどでポピュラーな中綴じ製本、大量部数にぴったりな平綴じ製本なども展開されていることが多く、個人だけでなく企業にも人気となっています。
このように台本の制作事情は、時代の流れとともに大きく変わってきています。データ管理をしっかり行なっておけばあとは問題なく納品できるところが利点です。それぞれがお好みの方法で、なおかつ簡単に制作をできることは、老若男女に支持されている理由です。"

ページトップ