オンデマンド冊子印刷・台本印刷通販【三交社online】 | オンデマンド冊子印刷・台本印刷通販【三交社online】

台本の作り方で困っている方は必見

> コラム > 台本の作り方で困っている方は必見

台本の作り方で困っている方は必見

台本制作を依頼するために知っておきたいこと


舞台演劇やテレビドラマに使用する台本の作り方にはルールがありますが、大変複雑なものです。しかし、そのルールを守らなければどんなに内容が良くても台本としては認められないばかりか、演者や関係者たちに使ってもらえないということになります。台本制作を請け負っている出版会社に制作を依頼する場合、入稿の際かなり厳しい条件を設けているところもあります。台本製本をするのであればそれなりの知識があって当然という会社ではサイト上に様々な入稿の条件が書かれており、初めての制作でそれらをすべてクリアするのはなかなか困難です。
懇切丁寧に製作方法を指導してくれる人がいなければ、解説サイトを見たり本を読んだりしてもいまいち自分の書いたものが本当に形式にのっとって出来上がっているのか判断することができません。そのような方にぴったりの制作会社はどのようなところでしょうか。
インターネットで台本作成あるいは脚本作成と検索すると、それに関連した会社がたくさんヒットします。中でも特におすすめしたいのは、初めての人でも頼みやすいようになっているところと、こだわりのある人にも対応してくれるようになっているところです。例えば原稿を手書きで入稿しても台本の形として整えてくれたり、表紙や綴じ方にこだわりたいというレベルの人にも対応してくれたりすると利便性が高くなります。臨機応変で丁寧な会社を選ぶことが大切です。
出版会社の中にはサイト上の説明を読んでも製本に対する知識がなければ分かりづらいところもあります。製本する上でそれなりの知識があることを前提としているところでは専門用語もたくさん出てくるため、初めて制作をする人には不向きです。一方、気軽に台本を作りましょう、あなたの台本を簡単に綴じて終わらせるのはもったいないですよ、といった呼びかけをしているところなら、分かりやすい用語で丁寧に作り方について説明をしてくれます。条件や解説が分かりやすいところに頼むと、後々何らかのトラブルが起きた時にも自分で理解をして対応することができようになります。

製本の際、入稿の条件をよく見てから会社を決める


初めて利用するのであればおすすめするのは、どのようなデータ形式で入稿しても台本にしてくれるところです。入稿先によってはかなり厳しい規定を設けているところもあります。例えば原稿は指定の作り方にのっとった形式しか受け付けないといったところや、指定の形式以外で入稿した場合変換する際にデータが壊れても保証できかねますといったところも存在します。
データ作成時の用紙サイズは必ず仕上がりサイズで、ベタや断ち切りがある場合は仕上がりサイズよりも少し大きい用紙サイズで作成をするようにといった指示がある場合もあります。初めて台本を作成するのであれば、やはり分かりやすく親切に対応してくれるところを選ぶことが大切です。電話や問い合わせセンターを設置しているサイトで納得のいくまで相談できる会社もあります。
話の筋はしっかりしており、後は台本としての形式に直すだけの段階まで来ていれば、後はお任せくださいといったサービスを提供しているところもあります。懇切丁寧に一から完成までサポートをしてくれ、要望を聞きながら様々な困りごとに応えてくれるところもあるので、そのようなところを選ぶことも初めての台本制作においては重要視するべき点です。

会社にどこまで頼めるのかが重要


台本の製本、作成をしてくれるオンラインショップではステップ方式の作り方となっているところが多く、まず入稿するデータ形式を選び、次に綴じる方法や表紙の紙を選んで最終的に製本依頼をする流れが主流です。
台本を作成することと製本の知識があるのは別物です。表紙の紙や綴じ方にこだわりのある方ならばステップ方式で選んでいくオンラインショップがおすすめですが、とにかく親切に分かりやすく製本してくれることを望んでいる場合はその望みをかなえてくれるオンラインショップを探しましょう。データ入稿だけで一気に製本してくれるショップは制作スピードが早く、価格も安くて簡単です。表紙を選びたい、校正して誤字脱字をなくしてほしい、表紙のデザイン数やパターンを見たいといった要望がある時は妥協をせずに自分の要望をかなえてくれるオンラインショップを選ぶことが大切です。中には手書きや文書作成ソフトで入力しただけのデータを台本の形式に直してくれるサービスを提供しているところもあります。
内容重視で物語を書いているから、製本後の表紙や題字のデザインにこだわりたいという人もいるでしょう。カスタム製本を希望する場合も該当するオンラインショップがあります。そのような至れり尽くせりだと料金が高くなってしまうのではないかと心配になることもあるでしょうが、そんな方は見積もりを取ると料金の詳細を知ることができ、安心につながります。"

ページトップ