オンデマンド冊子印刷・台本印刷通販【三交社online】 | オンデマンド冊子印刷・台本印刷通販【三交社online】

声劇などの台本を作りたいとお考えなら

> コラム > 声劇などの台本を作りたいとお考えなら

声劇などの台本を作りたいとお考えなら

台本の役割やルーツ、活用シーンなどについて


舞台稽古や声劇の練習などをするにあたって、演者に配布する台本を作る場合には、台本の役割や起源、活用事例などに関する情報も収集しておくことをおすすめします。台本には、一人ひとりの演者のセリフやカメラ割り、演出などの情報が時系列で記載されています。
台本のルーツは江戸時代中期にまで遡り、当時の歌舞伎で使用されたものだと言われています。当時は、音声や映像による記録媒体が存在しなかったために、作品を後世に残すための手段として使用されていました。そして、現代ではさまざまなメディアが存在しますが、それでもほぼ変わらないスタイルで使用され続けています。また、台本という名称は、作品の土台となる本という意味を表している説があります。
台本の中には、仕事で芝居などをしている人が稽古や練習で使用するもののほかに、一般的な消費者が自分で作成したものや、学校行事などで使用するものも存在します。個人で作成すると経費は安上がりになりますが、作業のスピードや仕上がり状態のクオリティにおいては、専門の業者に製作を依頼した方が有利になります。最近では、インターネットを通じて製作依頼を受けつけ、メールによる原稿の入稿や小ロットの発注に対応している業者も登場してきています。

どのようにして台本を作れば良いか分からないという方へ


声劇の練習などに使用する台本を作るにあたっては、まず、書く内容を頭の中にイメージする必要があります。そして、イメージが出来上がったら、イメージを形にする手段を選定するステップへと進みます。具体的には、手書きやパソコン入力によって原稿を作成する方法などがあります。最近では、パソコンが広く普及していることから、パソコンを使用して作成する方法が主流となっています。この方法では、記載した内容の修正や順番の並べ替え、新たな情報の挿入といった作業を簡単に行なうことができます。また、プリンターやコピー機、ファクシミリなどと連携することによって、作成した原稿を印刷して業者に送る時などのエネルギーや時間も少なくて済むというメリットがあります。
その一方で、手書きは以前から存在する方法です。これは、パソコンやソフトウェアの取り扱いに不慣れな人でも問題なく対応することができます。また、手書きの原稿ならではの温かみを感じたいという方にもおすすめの方法と言えます。台本の製作を手掛ける業者の中には、手書き原稿の入稿に対応しているところもあります。
また、ワープロソフトで原稿を作成する場合、読みやすくて使い勝手の良いものに仕上がるよう、フォントのサイズや種類、書式、字数などにも気を配ることが大切です。内容は1ページで1分の劇が進行するように記載されるのが一般的です。そのため、ページ数を数えれば、現在記載している場面や練習しているシーンなどが分かりやすい仕様となっています。そして、本格的にシナリオを作成したい場合には、専用のソフトなどもあるので利用してみるのも良いでしょう。

初心者がシナリオを作る時の練習方法など


初心者が声劇などの台本を自分で作成する場合、やみくもにチャレンジしても、何から手を付けたら良いのか分からなくなることもあり得ます。確かに、シナリオの作成方法には細かなルールも定められていますが、まずは細かいことにこだわらず、自分の思い描いているイメージを形にする練習から始めるのがおすすめです。具体的には、日々の暮らしの中のさまざまな出来事を1分間のシナリオ形式でまとめるというのもおすすめの練習方法です。
次に、専門の業者に台本の製作を依頼する場合、製本方式や素材などを事前に指定するオーダーメイド方式となるのが一般的です。オーダーメイドの場合、それぞれの条件をカスタマイズすることによって、自分のオリジナリティを強く反映させた製品に仕上げることが可能です。同じ内容が記載されている台本でも、製本方式によって外見的印象や使い勝手などが変わってきます。
例えば、くるみ製本は無線綴じ製本とも呼ばれ、糸や針金などの線を使用しない方式です。これは、本の背部分を接着し、表紙で中身をくるむようにして綴じるものになります。この方式であれば、ページ数の多い場合にも対応することができます。その一方で、中綴じ製本は、見開きの状態で重ねた紙の中心部分を綴じる方式になります。これはページ数の少ない場合に適しているほか、本を開いた状態で置いた時に本が閉じてしまいにくいという利点があります。その他に、リング製本という方式もあります。これはノートなどで多く目にする方式で、穴を開けた原稿をリングで留めるというものです。この方式で製本した場合も、本が開いた状態から閉じにくいというメリットがあります。素材を選定する際には、材料の種類や厚み、表面の加工方法などがチェックポイントになります。

ページトップ