オンデマンド冊子印刷・台本印刷通販【三交社online】 | オンデマンド冊子印刷・台本印刷通販【三交社online】

映画などの台本を作るにあたっては

> コラム > 映画などの台本を作るにあたっては

映画などの台本を作るにあたっては

映画などの制作に使用される台本について


映画やドラマ、アニメなどを制作する場合には、出演者や登場キャラクターが台本の記載内容通りに演技をする必要があります。台本は、ストーリーや舞台設定、キャラクター設定などを形にして出演者や声優に配布されるものです。小説であれば、文章表現として擬態語や比喩を含めることが可能ですが、台本には映像、音声で表現できる内容しか記載をすることができません。
白紙の状態から作成する場合、まずは物語全体を通して伝いたいテーマを大まかに決定しましょう。この段階では細かいことにこだわらず、大体の方向性を決めるぐらいでも問題ありません。テーマが決まったら、次に登場人物やそれらの人物像を設定します。ストーリーより先に登場人物を設定することで、意外な発想が生まれやすくなるというメリットがあります。出来上がったらストーリー構成を考えるステップへと進みます。ストーリーを考える場合には、起承転結を意識すると頭の中が整理されて作業が進みやすくなるでしょう。
最後に、ト書きとそれぞれのセリフを決めて台本を完成させます。登場人物の設定やストーリー構成があらかじめしっかりとできていれば、作業がスムーズに進むことでしょう。

台本を作成する際のチェック事項


映画などの制作にあたって台本を作るときに、手書きであれば感情移入がしやすいなどのメリットもありますが、作業効率という観点から見るとパソコン入力の方にアドバンテージがあります。特に台本を書くにあたっては、いったん出来上がっても頻繁に内容を修正して完成度を高めてゆくというのが基本的なスタイルになります。そのような意味合いからしても、修正作業などのしやすいパソコン入力の方がやはり有利になります。
また、書式については、特に指定されていない場合は縦20字、横20字の400字詰めの用紙を使用すると良いでしょう。400字詰め用紙の1ページ分で実際の演技を行った場合、およそ1分間の内容となります。したがって、2時間つまり120分の作品であれば、約120枚の原稿が必要になります。用紙については、特に指定がない限りA4もしくはB5のコピー用紙で構いません。印字をする際には、原稿用紙を使用すると視認性が悪くなるので、コピー用紙を選択することをおすすめします。
次に、ストーリーを考える場合には、起承転結を意識したり、感情のこもったセリフを作ったりと技術的なことがいろいろとありますが、何よりもまず、視聴者を楽しませようという強い意識を持つことが大切です。自分の伝えたいものを、どのようにして視聴者の心に響かせるかが問題となります。ストーリー構成にあたっては、独りよがりに自分の書きたいものを書いているだけでは、大衆の心をつかむことが難しくなります。一部の層ではなく万人をターゲットとしたストーリーを考えることも大切です。
台本を作成する場合、あえて何も決めずに話を進めて後からテーマなどを決定するという方法もありますが、一般的にはテーマ、モチーフ、素材のうちどれか一つを決めてからアイデアを展開させていくという方法を採ると良いでしょう。どれを選ぶのが良いかは個人の適性や、作成しようとしている内容によっても変わるので、一概に結論を出すことはできません。しかし何も決まっていない状態で作業を進めると、方向性が途中でぶれてしまう可能性があります。

台本を作成する方法に関する情報


台本が出来上がったら、製して映画などの出演者に配布します。自分たちで印刷してホチキスやクリップでとめるという方法で作成することも可能です。こちらの場合、費用は安上がりになりますが、仕上がりのクオリティーは低くなる傾向にあります。特に大きなプロジェクト映画のとなる場合には、業者に依頼して高いクオリティーのものを制作するほうが顔が立つこともあります。そして出演者が多い作品や制作期間が長い作品で、ボリュームのある台本を多数の出演者に配布する場合、自分たちの手作業で対応をすることが難しくなることも考えられます。また、日本において人件費は高いですから、手作業で作成する場合には配布する数によっては逆に費用が高くなる可能性も考えられます。
そういった問題を解決するために、専門の業者に台本の製作を依頼するという方法があります。専門業者に依頼すると、素人が作業する場合よりも仕上がり状態の良いものをスピーディーに製作してくれます。業者によってはけい線の挿入や誤字脱字のチェックといった作業を依頼したり、手書き原稿による入稿に対応してもらったりすることも可能です。
専門業者を利用する場合、当然のことながら各サービスの料金を支払う必要はありますが、完成度の高い製品を定められた期日に納入してくれるので、安心感があります。さらに、表紙のデザインパターンの選定など、バリエーション豊かなサービスが用意されているのも魅力的です。そして、従来と比較して現在では、発注手続きも簡単に行うことができるようになっています。

ページトップ